生活習慣を整えることが大切です|自律神経失調症を予防

ドクター

第4のがん治療

男性女性

免疫治療は、手術、抗がん剤、放射線とは異なる「第4のがん治療」として注目されていて、効果が長期間持続することや、新しいタイプの薬の開発で期待が高まっています。効果が期待できるかどうかや、副作用、治療費については、よく検討する必要があります。

もっと読む

治療院の探し方

ドクター

世田谷に住んでいるなら、その周辺でリウマチの病院を探しておくと通いやすいですし、すぐに相談できるなど何かと便利です。口コミを参考にするのは良いですが、最終的には自分で見て判断する必要がありますし、混んでいないかなどもチェックしておきましょう。

もっと読む

症状で見分けるには

病室

腎臓病は疲れやすくなったり、尿の色に変化が見られたりすることがあります。むくみがひどくなり、外見に支障が出ることもあります。早い段階で内科にて検査を受けてみましょう。状態が重くなってしまうと、透析が必要になることもあります。

もっと読む

自律神経が働かなくなると

男の人

ストレスや環境変化が原因

自律神経失調症とは、どのような病気なのでしょうか。まず自律神経というのは、交感神経と副交感神経に分かれていて、それぞれ活動と休息をつかさどっています。このバランスが崩れることで、体のあちこちに様々な不調が出ることを、自律神経失調症と呼んでいます。原因としては生活リズムの乱れやストレス、環境変化などがあります。女性の場合はホルモンバランスも関係しますので、更年期の発症が多いです。ですから、自律神経失調症を防ぐには、軽い運動をしたりして、ストレスを発散すること、そして生活習慣を改めることなどが効果的です。また食物繊維の多い食事や発酵食品を摂ったり、温かい飲み物を飲むのもいいでしょう。またお風呂は長湯は避けて、ぬるめのお湯に短時間つかると効果的です。

症状と治療方法

自律神経失調症には実に様々な症状があります。たとえば頭痛や腹痛、下痢、耳鳴りや頻尿、そして肩こりなどが起こることもあります。しかし元々は病気ではなく、自律神経の乱れによるものですので、なかなか治らず、それが更にストレスになることもあります。なかなか治らない時は、まず心療内科を受診するようにしましょう。心療内科では薬を処方してくれますし、中にはカウンセリングをしてくれるクリニックもあります。カウンセリングによってストレスから解放され、心身ともに健康になるという例も見られます。しかし、もしそれでも治らないとか、あるいは更に悪化するような時には、自律神経失調症ではなく、何か他の病気の可能性もありますので、専門医の診察を受けるようにしてください。